• ホーム
  • 商品・サービス
  • イベント
  • 採用情報
  • 会社案内
  • サイトマップ
CREATE&SERVICE
ホーム>商品・サービス> APOLLO> 鋼橋概略設計システム<APOLLO SuperPlanner>
TOP

鋼橋概略設計システム<APOLLO SuperPlanner>

特 長
 
1.複雑な骨組み形状も座標入力不要
  • 煩雑な座標入力は必要とせず、直線・曲線・クロソイドのパラメータや平面・断面寸法の入力で、 簡単な骨組み形状から拡幅、非整形、枝桁など主桁本数が変化する複雑な骨組み形状まで、容易に作成することができます。

 
2.予備設計から復元設計まで適用可能

新設橋梁の予備設計に
(構造形式比較選定作業として)
既設橋梁の復元設計に
(既設橋梁の耐荷力照査として)
  • 入力項目を必要最小限に抑え、断面推定機能により主桁断面の決定から工費算出まで短時間にて行えます。
  • 荷重や骨組みなどの設計諸条件を他の構造形式に引き継げますので、一度の入力作業で複数の比較選定作業が容易に行えます。
  • 箱桁アウトリガーの距離検討や合成桁の逐次打設位置・順序検討も行えます。
  • 現橋を簡単に入力する事ができ、解析モデルを作成せずに反力や応力照査が行えます。
  • 支承取替の反力算出がすぐに行えます。
  • 旧活荷重(L-20,14,任意)での応力照査が行えます。
  • 大型クレーンなどの特殊な集中荷重や大型トレーラーなどのレーン荷重(軸重)に対応しています。
  • 上部構造主要部材の照査T、照査T’、照査U、L荷重のレーン(車線)載荷による応力照査が行えます。
※参考文献:(財)道路保全技術センター
「既設橋梁の耐荷力照査実施要領(案)」平成8年3月
 

3.APOLLOシステムをベースに
  • 既に100事業所を超えるお客様から評価をいただいている鋼橋の詳細設計に対応したAPOLLOをベースに製品化しました。詳細設計システムのエンジンを搭載していますので、非常に高い精度の概略設計が行えます。
  • 鋼橋自動設計システム<SuperDesigner>にて鋼橋概略設計システム<APOLLO SuperPlanner>データ 読み込み可能

主な機能

構造形式 橋梁形式 非合成鈑桁、非合成箱桁、合成鈑桁、合成箱桁、鋼床版鈑桁、鋼床版箱桁、細幅箱桁、開断面箱桁(合成桁)
格子形状 直線桁、曲線桁、斜角つき桁、バチ桁、非整形桁
枝桁などの主桁本数変化
側面形状 直線変化、2次曲線、3次曲線(腹板の上下端に対応)
断面形状 箱桁は矩形断面および梯形断面
計算機能 計算内容 床版厚計算、主桁断面力計算、主桁断面計算、活荷重たわみ照査、剛比照査、疲労照査、数量集計、工費計算
使用材料 普通鋼材、耐候性鋼材、JIS鋼材、降伏一定鋼材
単位系 SI単位系
その他 H24道示対応 添接塗装面(無機ジンクor無塗装)によるボルト本数推定
Uリブ使用時の鋼床版厚初期値(t=16mm)
活荷重 B活荷重(L,T)、A活荷重(L,T)、群集荷重
L荷重(20,14,任意)、L荷重のレーン(車線)載荷、任意軸重
※(財)道路保全技術センター「既設橋梁の耐荷力照査実施要領(案)」平成8年3月
任意荷重 死荷重および活荷重の面分布載荷、線分布載荷、格点集中載荷
自動推定 主桁断面変化位置推定、主桁ボルト配置推定(孔引き計算に反映)
検討機能 合成桁逐次打設位置・順序検討、箱桁アウトリガー距離検討
CADデータ出力 骨組平面図、構造断面図、断面力図:DXFデータを出力します

 

稼働環境
 
コンピュータ本体 下記基本ソフトウェアが稼動するパーソナルコンピュータ
基本ソフトウェア WindowsVista , Windows7 , Windows8
関連ソフトウェア MS-Office 2007/2010/2013


提供方法

全構造形式が使用可能な10日間レンタル、30日間レンタル、年間レンタルをご用意しておりますので、下記「お問い合わせ先」までお気軽にご連絡下さい。


体験版のご案内

無料の体験版をご用意しておりますので、下記「お問い合わせ先」までお気軽にご連絡下さい。


関連製品

次の製品はこのページの製品と関連しています。あわせてご覧下さい。(製品名をクリックすると紹介ページが開きます)
   CIMシステム
   APOLLO(鋼橋設計システム)
   y-Mater(材料計算システム)
   鋼橋ネットサービス
   架設積算ソフトウエア
 : データ連動製品
  

お問い合わせ先

株式会社横河技術情報 営業部
TEL:03-5442-1703  FAX:03-5442-1704  E-mail:apollo@yti.co.jp

このページの先頭へ