測定




測定


測定でお悩みの方へ。よくあるご質問をまとめましたので、是非参照ください。

<よくあるご質問の例>
Q:測定機(測定器、測定機器、測定具、測定器具、測定工具、測定道具)は何を使用しますか?
A:市販のデジタルカメラを使い、3次元測定・寸法測定を行います。

Q:3次元測定は、難しいイメージがあるのですが、未経験者でも簡単にできますか?
A:簡単にできます!市販のデジタルカメラを使用し、対象物を撮影するだけです。撮影した写真は、自動で解析処理を行いますので、特別な作業は一切必要ありません。

Q:撮影した写真(画像)を3D化する方法は?
A:VFORMというアプリ(ソフト)を使用して3D化します。三角測量の原理で、複数方向から撮影したカメラの位置・角度および長さが既知の定規を利用し、3D解析(画像処理)を行います。解析後ターゲット設置点の座標を算出し、自動でCAD化、検査表作成を行います。

Q:幅や長さだけでなく、高さの測定も可能ですか?
A:可能です。人の手では取得が難しい高さも、撮影するだけで簡単に測定できます。また、カメラを使った測定だけではなく、高さ測定専用のエリアセンサーの取り扱いもございますので、お気軽にご相談ください。

Q:測定の対象物にはどんなものがありますか?
A:基本的に制限はありませんが、特に得意としているのは、構造物や製缶物の寸法測定や3D形状測定、平面度測定、配管等のアール(半径・直径)測定です。その他にも、建築工事・土木工事におけるアンカー孔位置測定や2点間距離の測定、機械の設置状態確認にも活用されております。

Q:他の3次元測定システムとの違いは?
A:測定点に目印(ターゲット)を貼付することにより、欲しい情報をピンポイントで取得でき、測定時間・後作業時間を大幅に削減できます。また、可搬性に優れているため、工事現場のような狭い環境でも手軽に使用できます。価格面でも一般的な3Dスキャナーと比べてお求めやすい価格になっています。

Q:他のデジカメ測定システムとの違いは?
A:最大の違いは、測定後の寸法算出や形状確認が自動で行えることです。写真を撮影すれば、最短1分程度で寸法表や3DのCAD図面が作成されるため、測定後の後作業がほとんど必要ありません。

Q:図面の座標系はどうやって定義するのですか?
A:基準軸ターゲットと呼ばれる3つのターゲットを設置し、原点位置と基準平面(XY平面)を定義します。

Q:寸法測定の精度(誤差)、撮影条件は?
A:精度(誤差)の目安は、±1/20,000程度(±0.5mm/10m)です。写真の撮影枚数は3枚以上で、対象物までの撮影距離は0.5~10mになります。

測定の誤差、精度、方法(測定法)でお悩みの方、図面や画像、座標系、2点間による距離の測定や検査をお考えの方、測定器やアプリ、機器、工具、器具をお探しの方も、まずは一度ご相談下さい。測定でお悩みの方も是非どうぞ。

測定

測定

▲ 測定 TOP

Copyright © Yokogawa Techno-information Service Inc. All Rights Reserved.
測定 測定器 誤差 アプリ 機器 精度 測定機 方法 工具 器具 測定具 測定法 検査 図面 距離 2点間 画像 道具 座標系 図面 検査 建築 機器 確認 車両 カメラ 機械 精度 測定 製造業 抜き取り 標準化 誤差