鋼橋自動設計システム SuperDesigner

  1. TOP
  2. 製品・サービス情報
  3. 鋼橋設計
  4. 鋼橋設計システム APOLLO
  5. 鋼橋自動設計システム SuperDesigner

鋼橋自動設計システムの特長

適用橋梁

鋼橋自動設計システム入出力例入出力例

RC鈑桁、RC箱桁、鋼床版鈑桁、鋼床版箱桁に適用可能です。RC鈑桁はガイドライン対応や少主桁橋梁に、鋼床版は架設完成系に適用可能です。また主桁断面は6成分の断面力※で決定することができます。連続合成桁(開断面、閉断面)の設計が可能になりました。

計算結果は電子情報で

鋼橋自動設計システム入出力例入出力例

計算書はMS-Wordで読み書きできるRTF形式で、また断面力図や平面図などはDXF形式でファイル出力します。

各プログラムは単独で使用可能

断面計算、添接計算、RC床版、床組設計などの各プログラムは、自動設計としての利用以外に、それ自体単体で利用する事ができます。したがって、桁構造以外の骨組み構造物などへの利用も可能です。

MS-Officeが作業効率の支援を

通常の業務では専用のGUIによる入力で十分ですが、大量のデータを作成する場合などはMS-Excelによる入力も可能になっています。また計算書はMS-Wordへ出力し、物件固有の後編集を可能にします。さらに、設計データはMS-Accessに保存し、このデータベース自体の利用性を高めています。

数時間で設計・製図を

本システムでは、桁高や路面形状および荷重などの基本条件を入力すれば、おおよその設計計算、図面作成および材料集計が数時間で行うことができます。

動作環境

基本ソフトウェア Windows 8.1 /10 (各32bit /64 bit)
・Microsoftのサポートが終了したOSは対象外
・MeBiCLink/APOLLO In(CIMモデル作成)は64bit版のOSが必須
・Windows10の32bit版は一部のヘルプ表示機能が未対応
関連ソフトウェア MS-Office 2013 / 2016 /2019 の各32bit / 64bit ※Office365は動作保証外
DWG(2004形式)、DXFが編集可能なCADソフト(AutoCADなど)
SketchUp Pro:CIMモデル作成(MeBiCLink/APOLLO In実行)には必須

関連製品を見る

SuperPlanner
鋼橋概略設計システム

Align-Graphic
線形計算システム

Analyzer
立体構造解析システム

SuperDrawing
鋼橋自動製図システム

y-Mater
材料計算システム