鋼橋自動製図システム SuperDrawing

  1. TOP
  2. 製品・サービス情報
  3. 鋼橋設計
  4. 鋼橋設計システム APOLLO
  5. 鋼橋自動製図システム SuperDrawing

鋼橋自動製図システムの特長

適用橋梁

鋼橋自動製図システム入出力例入出力例

RC鈑桁、RC箱桁、鋼床版鈑桁、鋼床版箱桁、開断面箱桁、閉断面箱桁に適用可能です

高いレベルの自動製図を

鋼橋自動製図システム入出力例入出力例

標準的な橋梁については、ほぼ完成品に近い図面を自動的に生成します。また、変断面桁や梯形断面などの複雑な橋梁への対応や、各種の描画方法を提供します。

図形データはAutoCADに

図形データはAutoCADのDWGデータとして出力します。なおDXFデータが必要となる場合はAutoCADで変換することとなります。

建設CALSに

図形データは部材形状・寸法線・材料文字・溶接記号などにレイヤー分割され建設CALSに適合した業務が行えます。なお、CAD製図基準(案)以外のレイヤー構成も設定ファイルとして保存可能です。

設計データからの自動リンク、また材料データへの自動出力

部材形状は設計システムSuperDesignerから製図システムSuperDrawingへと自動リンクします。また材料データは材料計算y-Materに自動出力します。

動作環境

基本ソフトウェア Windows8.1/10(各32/64bit)
・Microsoftのサポートが終了したOSは対象外
・MeBiCLink/APOLLO In(CIMモデル作成)は64bit版のOSが必須
関連ソフトウェア MS-Office 2013/2016/2019の各32/64bit ※Office365は動作保証外
DWG(2004形式)、DXFが編集可能なCADソフト(AutoCADなど)
SketchUp Pro:CIMモデル作成(MeBiCLink/APOLLO In実行)には必須

関連製品を見る

SuperPlanner
鋼橋概略設計システム

Align-Graphic
線形計算システム

Analyzer
立体構造解析システム

SuperDesigner
鋼橋自動設計システム

y-Mater
材料計算システム